⑤谷川の屈曲

⑤消防小屋脇 谷川の屈曲

 

平田地区の北斜面には幾筋もの谷があり、台地の際を通る断層によって、谷川が約5m屈曲しているのが分かります。トレンチ調査周辺での掘削結果からも、横ずれ変位が過去にもくり返されたことが分かりました。

>「震災遺構」を詳しく知りたい方へ

「震災遺構」を詳しく知りたい方へ

熊本地震の記憶を防災に活かす地域の取り組みを行っています。震災遺構の資料がこちらからダウンロードできます。

CTR IMG