⑦折れ曲がった栗畑のフェンス

⑦栗畑フェンスの右横ずれ

 

 

トレンチ掘削地点、消防小屋からつながる地表地震断層で、公民館敷地内のフェンスと山茶花の植え込みが、約1.2m右横ずれしていることが確認できます。

栗園との境界に頑丈な基礎とともにフェンスが設けられていたため、断層の顕著な変位が、細かく観察することができます。

布田川断層が北東から南西に向かう連続性についても視覚的に見渡すことができ、断層地震の変位を実感できる貴重な資料といえます。

>「震災遺構」を詳しく知りたい方へ

「震災遺構」を詳しく知りたい方へ

熊本地震の記憶を防災に活かす地域の取り組みを行っています。震災遺構の資料がこちらからダウンロードできます。

CTR IMG